種類を知る

肌を気にする女性

人間の肌にはそれぞれタイプが存在しています。特に大きなトラブルもなく、調子の良い日が多い人は普通肌である可能性が高いです。皮脂がたくさん出ているわけでもなく、乾燥するわけでもなく、季節ごとに大きく肌質が変化するようなこともない、このタイプの肌は非常に手入れがやりやすく、肌自体もかなり強い場合が多いです。そのために、化粧水選びも簡単で理想的な肌だと考えられています。
普通肌の人はニキビなどのトラブルがおこっても、すぐ治る上に傷にもなりにくいことが特徴です。

次に脂性肌です。これはニキビやふきでもの、毛穴のつまりが中々にできやすくやっかいな肌であり、顔に油が多くでてしまうタイプの人です。特にこのタイプの人はTゾーンといわれている額と鼻のラインがてかりやすく、化粧もすぐ崩れてしまうようになります。これは化粧水などの保湿不足によって起こっている可能性が高く、正しく化粧水を利用することで解消できるようになります。

他にも、油っぽいとは反対の症状を持っている乾燥肌があります。乾燥肌は何をしても乾燥し、ときに皮がむけたりピリピリと刺激を感じるようになったりしてしまいます。乾燥が悪化すれば粉をふいたような印象にもなりますし、何より潤いによってできているバリアがなくなってしまう為に敏感肌になってしまうこともあります。

次に敏感肌ですが、これは乾燥肌が悪化した状態です。中には乾燥期間なしに、気づいたときから敏感肌だという人もおります。これは様々なトラブルに反応しやすく、化粧水選びも苦労するタイプです。敏感肌の人は病院や美容外科にエステに高級化粧水と様々な場所を利用して徹底的にケアをしている人が多いです。しかし、敏感肌にも人それぞれクセがありますから、どれが正しいケアなのかは本人の肌にしかわかりません。