乾燥の恐怖

肌荒れを見つけた女性

敏感肌の人だけでなく、乾燥は肌にとって大敵だと考えられています。その理由として、肌が乾燥すればそこに存在している皮膚バリアが0になり、様々な刺激をダイレクトに受けてしまうようになるからなのです。
人間の皮膚は潤いを持った一番表の皮膚がバリアとなり、少々の紫外線、傷、乾燥、最近などから強固に守ってくれています。しかし、乾燥して潤いがなくなればこの一番表面にある大切なバリアが機能しなくなり、そのままぺろりと剥がれてしまいます。バリアが剥がれれば、当然そのまま刺激はダイレクトに肌へ伝わってくるようになりますし、化粧水を入れてもなかなか吸収しなくなります。乾燥肌の人もそうですが、敏感肌の人はまさしくバリアがゼロになっているも同然ですし、乾燥肌の人はバリア機能が安定しないままボロボロ荷崩れているも同然なのです。
若いときはそのままでも問題ないかもしれませんが、年齢を重ねてからも敏感肌や乾燥肌をそのままにしていれば、だんだんと皮膚の組織自体が壊れるようになります。皮膚組織が壊れて潤いがなくなれば、そこが縮んでしわになりますし、表情によって目元や口元にくっきりとしわが残るようになります。
当然、それだけ肌質が変化すれば化粧水を利用してもいまいち染み込まなくなりますし、そもそも使っている化粧水自体のクォリティを何ランクもあげなければいけないようにもなります。
ざらつきやくすみが増え、紫外線によるダメージが回復しなくなることもありますから、乾燥や敏感肌というのはとにかくケアして予防することが必要不可欠でもあるのです。化粧水を正しく利用し、オイルやクリームでふたをしていれば激的に乾燥してどうにもならないという最悪の状態になってしまうことはありません。